本文へジャンプ
宮崎県 木城町
サイトマップ
 文字サイズ
文字拡大文字標準文字縮小
背景色切替
トップ町の概要くらしのガイド
現在位置:HOMEの中の観光・イベントから九州オルレ「宮 崎・ 小丸川 コース」のコース再開について
観光・イベント

九州オルレ「宮 崎・ 小丸川 コース」のコース再開について

更新日: 2020年9月28日

九州オル宮 崎・ 小丸川 コース」について



九州オルレ「宮崎・小丸川コース」の再開について(2020.9.28 NEW!)


 新型コロナウイルス感染症の拡大防止及び、台風災害によるコース整備のため、一時コースを閉鎖しておりましたが、2020年10月1日からコースを再開いたします。皆様のお越しを心よりお待ちしております。


九州オルレ「宮崎・小丸川コース」が認定されました

 (一社)九州観光推進機構では、韓国をはじめ国内外からの誘客促進のため、九州各県の魅力的なトレッキングコースを「九州オルレ」として認定し、国内外にアピールしています。
 「九州オルレ」コースは、2012年2月に第1次の認定コースとして4コースがオープンして以来 、毎年新コースをオープンしてきました。
 2020年、第9次の認定コースとして新たに「島原コース」とともに、木城町「比木神社」から高鍋町「鴫野の浜」を結ぶ「宮崎・小丸川コース」の 2コースが認定され、現在は全21コースとなりました。


「宮崎・小丸川コース」の特徴 ~百済王族伝説~

 「宮崎・小丸川コース」は、約1,300年前から伝わる「百済王族伝説」にちなんだコースです。
 朝鮮半島に存在した百済王国の内乱により、王族である「禎嘉(ていか)王」はその妻「之伎野(しぎの)妃」、長男「福智(ふくち)王子」、次男「華智(かち)王子」を連れて船で国を離れましたが、嵐により「禎嘉王」と「華智王子」は日向市のお金が浜に、「之伎野妃」と「福智王子」は高鍋町の蚊口浦に漂着しました。
 その後、本国からの追手との戦いがありながらも地域の住民からは慕われ、「禎嘉王」は神門神社(美郷町)、「華智王子」は伊佐賀神社(日向市)、「之伎野妃」は大年神社(高鍋町)、「福智王子」は比木神社(木城町)の御祭神としてそれぞれ祀られることとなりました。
 この親子の物語は地域に息づいており、比木神社と大年神社の間では、母と息子が年に一度の対面を行っていたことに由来する「大年下り」が毎年11月に行われています。

パンフレット スタート地点(比木神社)で配布しています。

パンフレット表(.jpg)  パンフレット裏(.jpg)

クリックすると拡大します。)


 




お問い合わせ
まちづくり推進課
TEL: 0983-32-4727FAX: 0983-32-3440
E-mail: machi@town.kijo.lg.jp
 
宮崎県 木城町役場
〒884-0101 宮崎県児湯郡木城町大字高城1227番地1

 
(各課の連絡先はこちらをクリックしてください)