本文へジャンプ

日向新しき村

更新日: 2022年8月1日
日向新しき村
石河内展望台からみた日向新しき村 武者小路実篤資料館 資料館内部

 「新しき村」は、大正7年(1918年)に、文豪・武者小路実篤とその同志によって、 「お互いが人間らしく生き、むつみ合い、そしてお互いの個性を尊重し、他人を傷つけることなく、しかも天命を全うすることができる」理想郷を目指し、戦国時代の山城「石城」跡に開村されました。武者小路実篤はこの地に6年間暮らし、農業にいそしみながら文筆活動を行っています。

 最盛期には50人を超える住民が暮らしていましたが、昭和13年のダム建設により水田が水没することとなり、埼玉県毛呂山町に新設された「新しき村」に大半の住民が移住しました。現在は2家族3人が暮らし、武者小路実篤の理念を受け継いで生活しています。

 村内には、当時武者小路実篤が暮らしていた旧宅を模した「武者小路実篤記念館」があり、当時の出版物や武者小路実篤にまつわる書類・絵画等が展示されています。
 

施設概要


 住   所  〒884-0104 宮崎県児湯郡木城町大字石河内1327番地2
 電   話  0983-39-1139
 開館時間  事前にお問い合わせください
  記 念 館
  入 館 料
 無 料
 問 合 せ 財団法人 日向新しき村  TEL:0983-39-1139


アクセス


 木城町役場から車で25分 

 マップ